みそブログ

みそブログ ~相棒とマラソン編~

多摩川で彼女とマラソンを頑張ってるサブスリーランナーのブログ。コンビニや漫画、たまにライフハックも。

【レース】函館マラソン2016。レースレポートその1【マラソン】

f:id:komiso:20160627212148j:plain

函館マラソンを走り終えて、早一夜。

 

足早に帰路につき、本日は通常出勤也。いとかなし。

 

両乳首、両脇、腰、股間・・・様々な場所に擦り傷があるのは恐らくムチムチに肥えた証だろう。

 

ふくらはぎに強烈な筋肉痛が残るのは本気で走った証か・・・その割には意外と普通に歩行可能なことに少し不満が残る。

 

自分のために走ったフルマラソンは約1.5年ぶりになるだろうか。記録はけして満足のいくものではないが、「ガチンコで走った!!」「挑戦した!!」というこの事実、この結果が嬉しい。そして何より・・・

 

帰ってきた!!(勝負の世界に)

 

というこの感覚が心地よい。やはり記録に挑むこの世界は・・・いい。

 

次走となる大阪マラソンでは、しっかりと準備をして満足のいく走りをしたいと思う。

 

では・・・本編でふ( ・(ェ)・)

 

函館マラソンとは

f:id:komiso:20160627220054p:plain

では簡単に函館マラソンの概要を

 

実は今年が第1回の本大会。昨年まではハーフの大会だったのですが、今年はフルもハーフも同時開催、そして同時スタートなんです!

 

今回のみそと相棒のように、「別種目だけどスタートブロックが一緒」といった面白い現象が起こるのも本大会の特徴?の一つではないでしょうか(笑)

 

コースはというと・・・意外とエグい(゚_゚i)

 

ハーフはフルのコースの一部を使用しており、途中でお別れ、途中で合流といったことが度々発生するのですが、ハーフとお別れした後のフルのコースが・・・

 

大体エグい

 

走ってる途中に何度も「ここで折り返したい・・・(´c_,`lll)」と思ったことか。。

 

そんなドMコースに今回は暴風雨というピリ辛なスパイスも加わって、久しぶりのレースにもかかわらず完全エクスタシーを迎えることとなってしまいました。。

 

ではレポートをば!

 

レース序盤。気分は終盤。

時刻は午前8:50頃

 

手荷物預けを済ませ、カラダもほぐし終わりスタートの号砲をまつ・・・みそ等( ・(ェ)・)

 

そうなんです。相棒も同じAブロックなんですね(´▽`)

 

おかげさまで、お互いに緊張をほぐしながらいい感じのテンションで・・・

 

パンッ

 

スタート致しました(笑)

 

相棒「いってらっしゃーい(´▽`)」

 

お別れの挨拶をもらい、さて・・・久々のレースだ。いくぜー!

 

スタートしました。

今回のみその目標は・・・サブ3.5!!!

と言いたいところですが、基本的にはサブスリーペース(4:15/km)で押せるところまで押すつもりでいます。

 

恐らく最後までは脚が持たないでしょうが、チャレンジする、ある程度無理をして挑戦するということが、今後に繋がることを知っているから・・・だからこそ、押します!

 

久しぶりのハイペース、既に息が上がっておりとんでもなく不安ですが、「まだ温まってないだけ・・・」と自分に言い聞かせてペースは落とさずこのままいきます。

 

5km通過

街中を過ぎて漁火通りと呼ばれる海岸通を抜けていきます。

 

「きっと強風なんだろうな・・・いやだ」

 

と思いながら不安たらたらに突入したら・・・まさかの追い風!!ヾ(*´∀`*)ノ

 

神よ・・・(´c_,`)

 

神に感謝しつつ漁火通を難なく突破、ハーフ部隊と別れて空港方面へ向かいます。

 

10km通過

ハーフ部隊と別れてからはキツい登りが度々やってきます。

 

「こんなん飛騨高山の比じゃねぇわっ!!」

 

と思・・・うことは出来ませんでした。うん、普通にきっつい(´c_,`lll)

 

そして、急な天候の変化。降りしきる激しい雨、ランナーを襲う突風に

 

神よ・・・(#・∀・)

 

神に怒りを感じつつも、ステルス戦法でなんとかサブスリーペースに喰らいつきます。

 

しかしながら、こんなスピードで10kmを超えて走るのも1年半ぶりであり、当然ながら耐えることが出来ず

 

「うぅ・・・ハーフまでいったら絶対ペース落とす。もう無理・・・(;´Д`)ヴェエエ」

 

心が既に折れかけてしまいました。だってまだ半分すら行ってないのに脚パンパンなんだもの(・_・) 

 

やはり練習不足というものは、単にカラダだけの問題ではなく、キツイ時に耐えるにも影響を及ぼすんですね。そりゃそうだ、どこをどう探しても走りきれる自身なぞあるわけもない。。

 

そんなこんなになりながらも、なんとかハーフとの合流地点まではペースを落とさず戻ってまいりました。

 

15km通過

「がんばんなさい~!!」

 

函館弁の声援にニヤッとしながらも、心臓も脚もピークになりつつある状態で応えることができない自分が情けない・・・(TдT)

 

そうだ・・・今の俺に出来ることは・・・出し切ることだ!!

 

激しい海風がランナーだけではなく応援の方々も容赦なく襲っているのが分かる。

 

こんな中、応援してくれてありがとう!エイドを出してくれてありがとう!!

 

皆頑張ってくれてるのに、出しきってない状態でペースを落とすわけにはいかないな。

 

俺は・・・行くよ。

 

時折舞い散る紙コップや三角コーン。

 

もはや雨なんだか涙なんだか鼻水なんだかワケがわからない中、それでも走るのだけはやめるわけにはいかない。

 

心臓も痛いし脚も痛い、きっと俺はこれ以上ペースを維持することができないだろう・・・けど

 

けど

 

俺はこの苦しさを知っている。

 

これ以上走ることはできない?はは、そんなのスタートから5kmの時点でずっと思ってたよ(´▽`)

 

けどまだ走ってるじゃない。

 

走れないというのは今のヘタレた自分が勝手に作った限界だ。

 

確かに練習不足は否めない。恐らくここまでこのペースで来れたのもよく頑張ったほうだろう。けどね、先々のレースでタイムを出していくならば、限界というものは常に越えていかなければならないものなんだよ。俺は知ってるよ。 だったら・・・

 

今超えろ

 

 

ハーフ通過

通過タイム 1:27:52

 

 

続く

 

f:id:komiso:20160627233248p:plain