みそブログ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みそブログ ~相棒とマラソン編~

多摩川で彼女とマラソンを頑張ってるサブスリーランナーのブログ。コンビニや漫画、たまにライフハックも。

【レース】「What Do You Run ?」その答えを今・・・"相棒"の大阪マラソン2016【Another story】

レース みそと相棒 フルマラソン

f:id:komiso:20161103162726j:plain

 

「What Do You Run ?」

 

大阪マラソン、もう1つのストーリー。。

 

 

相棒編

 

 

サブ4達成までの8か月間。あんなに走ることが嫌いだと言っていた相棒がこんなにも速くなりました。

 

やっぱりマラソンは努力が報われるスポーツなんだな、と心底思いました。すばらしい

 

 

プロローグ

f:id:komiso:20161103165659j:plain

思えば2016年2月。

 

憧れの京都マラソンに出場が決定して、「楽しくサブ4.5達成」を目標に奮闘するも結果は惨敗。

 

レースを楽しむことも、目標タイムを達成することもできず非常に悔しい思いをしたと語っておりました。

 

それから・・・ 

 

今までジョグ以外で走ることをしなかった相棒が、自らの意思でポイント練習じみたことを始めました。

 

その中でもよく行っていたのが、「5kmのジョグの中に、最後の1kmだけはビルドアップする」

 

はじめは6:10/kmジョグの中で最後は5:30/kmまでくらいのビルドアップが精いっぱいだった相棒も、繰り返し繰り返しやっていく内に・・・

 

ジョグのスピードが上がっておりました( ゚Д゚)

 

速く走れるようになってからは、「ランニングが楽しくなってきた!!」、「走ることが好きだから!」と気持ちにも大きな変化がおきたみたいで、これまで週6日通っていたLAVAのホットヨガを辞めて代わりに毎日ランニングするようになりました(驚)

 

来る日も

f:id:komiso:20161103232159j:plain

 

来る日も

f:id:komiso:20161103232349j:plain

 

来る日も

f:id:komiso:20161103232635j:plain

 

狂ったように走る続ける日々。

 

ほとんど毎日のように走っており、ペースもどんどん上がり、気づけば月間走行距離も200kmを軽く超えるようになっておりました。

 

そんな中、5月に出場した軽井沢ハーフマラソンでは、110分カットを達成。


これでさらにやる気を見せ、ペース及び距離もどんどん伸びる。月間走行距離も300kmを超えるほどに・・・私ですら人生で月間走行距離を300kmを超えたことは2回しかないというのに・・・(;´Д`)

 

さらに力をつけて出た函館ハーフマラソンでは、100分カット手前まで実力をあげてきました。


そして、大阪マラソン当選の通知。目標3:45:00を引き上げて練習に励み、達成ほぼ確実と(私が)思われる中、とある出来事が・・・

 

故障・・・

X-ray render

 

「そんな ペーランばっかやってたら故障するぞ~、レストしっかりしなよ~」

 

速く走ることが楽しくて、どんどん自分が成長しているのが気持ちよくて仕方がないのか、 毎日ペーランばっかりやっていて、ジョグやレストを挟まない相棒に注意喚起をしていたのですが、もう走りたくて仕方がないようです。

 

既にこの頃、普通に走るペースが4:50/km前後まで上がっておりました。それでいて練習でハーフとかをかる~~く走っちゃいます。楽しくってしょうがないみたいです。

 

成長を見れるのはうれしいのですが、こんなやり方、絶対すぐ故障するな・・・

 

内心ハラハラドキドキしていたのですが、意外にも順調に成長していき、カラダも合わせてロングに耐えられるように仕上がっていきました

 

 

と、思いきや

 

 

大阪マラソンまで後1か月。足の甲に痛みをうったえる相棒。恐れていたことが・・・

 

すぐにおかかえの整形外科へ行きレントゲンなどを撮って診療していただきました。果たして・・・

 

腱鞘炎

 

それが診断結果でした。

 

疲労骨折ではなかった安堵感もありましたが、それとは別に不安も感じました。なぜなら、足の甲の腱鞘炎は私も一度経験がありましたから・・・

 

その時は完治といえるまでに1.5~2か月くらいかかりましたので、確実に大阪は間に合わないな・・・と、内心思っておりました。

 

あぁ・・・だからやり過ぎるなって言ったのに・・・

 

7月の走行距離:161.59km

f:id:komiso:20161103234301p:plain

 

8月の走行距離:283.63km

f:id:komiso:20161103234334p:plain

 

9月の走行距離:301.35km

f:id:komiso:20161103234411p:plain

 

弱気な気持ちとは裏腹に

もともとの性格が、非常に自分を過小評価するタイプで、距離信仰が非常に強い相棒。ちょっとでも走らない期間があると

 

「走ってないから走力落ちたー」

 

にすぐなっちゃう子。じゃぁ俺はどうなんねん(´・ω・`)

 

腱鞘炎になってからは全く走れなくなってしまいました。あぁどうする。

 

私はたとえ故障して練習できなくなっても「今まで走ってきた貯金あるわ」、「根性でなんとかなるだろ」、「ってかせっかく走るのに全力出さなきゃエントリー費もったいねーわ!!」っていうタイプです。マラソンは気持ちだと思っているので絶対に弱気・弱音は吐かないように意識してます。

 

相棒は全く真逆の性格。大阪マラソンを走ること自体を諦めそうになっていて、「出てもファンランでしか走れないー」と超絶弱気になってしまいました。。

 

しかし、弱気な姿勢とは裏腹に、走れなくなってからはジムに入り浸るようになりました。そうです。エアロバイクで心肺機能の強化をしはじめたんですね。

f:id:komiso:20161103234509j:plain

 

また、普段は絶対に聞かない私のアドバイスを忠実に聞くようになり(笑) 筋トレによる脚の筋持久力強化。腕ふりのための腕力強化で肉体改造に励むようになりました。

 

私自身が平日全く走ることができなかったので筋トレメインにトレーニングを進めていたので、それにすがるような思いだったのでしょう。口では諦めていても態度は諦め切れていなかったんでしょうね(´・ω・`)

 

そして・・・

 

大阪1週間前の30km走で

 

「脚の調子も確認したいし最後に走っておきたい!!」

 

どうしても言うもんだから、違和感を感じたら止めることを条件に最後に軽く走ってみることにしました。

 

15kmくらいだと思ってたのに、なんか言いくるめられて30kmも走らされるとは・・・( ゚Д゚)

 

走っている最中の会話で

 

みそ「大阪どの位で走るの?脚休めもしっかりできたし、バイクと筋トレもかなりやりこんでたからそれなりにいけるんじゃない?」

 

相棒「う~ん、5時間以内を目標に頑張る!」

 

相変わらずの弱気発言に・・・カッチーン

 

みそ「いや、そんな目標立てなくても達成できるよ。過小評価しすぎだって。どうせアドレナリン出て周りのペースに掻き立てられてペース上げるんだから、目標っていうならしっかりとした目標立てなよ。自分に保険をかけるようなこと言ってたら逃げ道になるからダメだって。キツイ目標を周りに宣言することでキツくなった時チカラになるんだから!もっと自分をしっかり評価しなよ!!」

 

ことランニングに関しては結構厳しいんです。私。そして相棒は・・・

 

相棒「・・・わかった、ねらってみるよサブ4!!」

 

みそ「おう!(・・・ま、サブ345くらいいけると思うけど)」

 

 

そして

 

努力が必ず報われるのがマラソンなんです

 

みそ「おかえり~! やったな(*´▽`*)」

 

相棒「やったーー!!サブ4じゃないよ!サブ350だよ!!違うんだからね!!」

 

みそ「分かったって(笑)」

 

ネットタイム 3:49:24

グロスタイム 3:56:35

 

見事にグロスでもサブ4を達成して帰ってきました。だから言ったろ(*´з`)

 

相棒「最後の南海大橋も全然スピード落ちなかったよ!!」

 

言葉の通り、ラップを見ると見事にネガティブスプリットで上げて言った形跡が。おぉ・・・期待以上だなっ(゜o゜)

 

走れない期間が続いても、腐らずにバイクで鍛えた心肺と筋トレの成果が出たみたいです。もちろんそれまで走ってきた貯金もあるでしょう。まぁ・・・なんていうか

 

 

 

 

ようやった!!!

 

 

 

f:id:komiso:20161104002734p:plain

 

エピローグ 

マラソンのいいところはなんといっても、努力が報われる比重が非常に高いところだと思います。

 

きちんとした練習をしていればその分結果がついてくるし、していなければ結果はついてこない。それが如実に現れるのがマラソンです。

 

帰りの駅のホーム

 

階段で脚が痛そうに下る相棒、普通に降りることができる私。これが努力の差。

 

努力して自分の力を出し切ることができた相棒は即日筋肉痛に見舞われているのでしょう。そう、”出し切る”ことができるのは努力したものだけ。余力を残してしまうのは”出し切る力”がないからなんです。

 

なんと情けない

 

そして、なんとうらやましい

 

2週間後に迫る川崎国際マラソン

1か月後に迫る湘南国際マラソン

 

次が楽しみだよ

 

さてと・・・まずは、脚治そうか(*´▽`*)

 

こちらもおすすめ