みそブログ

みそブログ ~相棒とマラソン編~

多摩川で彼女とマラソンを頑張ってるサブスリーランナーのブログ。コンビニや漫画、たまにライフハックも。

Press Release|ランニングシューズ|ナイキからフライニットレーサーが販売開始へ。2017/2/10

f:id:komiso:20170205211411p:plain

ナイキより新しいランニングシューズが発売されるとのことでお知らせです。

 

本シリーズ発売から4年・・・いや5年か?正直履いたことがないのであまり詳しくないですが、ナイキ フライニットレーサーが2017/2/10 9:00よりSNKRSから発売・購入可能となります。

 

以下、NIKE.comサイトからどうぞ。

 

 

履いたことはないですが、『ナイキ フライニット』の履き心地は個人的にもナイキフリー3.0 フライニットをジムようで使用しているのでわかっているつもりです。

 

フライニットレーサーとフリー3.0の違いは、アウトソールの素材、主に屈曲性や反発力・クッション性だとは思いますので走り心地ではなく、履き心地はあまり大差がないと思いますので・・・

 

私の履き心地の主観ですと、月並みですがまさに包み込むような履き心地。

 

フライニットは通常シューズを作る際に、素材を縫ったり貼ったりするような工程がなく、”1本の糸で編み上げる”というテクノロジーを使用しています。

 

つまり縫い目や素材の組み合わせがないので糸ならではの伸縮性や通気性が優れていて、まさに自分の足にシューズが形状を合わせてくれるような履き心地を感じます。

 

また、履いている内にどんどんなじむ感覚もこのフライニットの特徴ではないでしょうか。

 

そんなフライニットで、アスリート用モデルのフライニットレーサーの新作が今回発売されるとのことで、NIKEファンは必見ではないでしょうか。

 

160gの超軽量シューズ

f:id:komiso:20170205213110p:plain

メーカー商品ページには記載がなかったのですが、以前のモデルで本シューズの総重量は 片足で160g(US 9サイズ)と超軽量。

 

マラソンのオリンピック選手も着用するという超ハイスペックなシューズのようです。

 

クッション素材にではルナではなくPhylonミッドソールに、Nike Zoom Airユニットを組み合わせているようです。ゴリゴリのレーシングシューズでも他メーカーと違いNIKEはクッションを入れるところが優しいですね(笑)気持ち程度にはなるのでしょうが。。

f:id:komiso:20170205213442p:plain

 

アウトソールにはダイヤモンドパターンのワッフルスキンラバー。軽量で高い耐久性がウリで、相棒も使用しているエアズームスピードにも同形状のアウトソールが使用されています。

f:id:komiso:20170205213801p:plain

 

こちらはエアズームエリート9

f:id:komiso:20170205213750p:plain

 

レーシングシューズとして

超軽量かつ最高の履き心地を追求したレーシングシューズ。フライニットレーサー。

 

ナイキにはズームスピードレーサーやズームストリーク、ルナスパイダーなどといったレーシングシューズもありますが、樹脂製で反発力の強いシューズと相性が悪く、ラバーソールのレーシングシューズをお探しの方は是非とも検討に加えてみてはいかがでしょうか。

 

Nike.comはこちら